スタッフ紹介|佐倉市ユーカリが丘の歯医者|ユーカリが丘・デンタルクリニック

新型コロナウイルス感染対策について

ユーカリが丘・デンタルクリニック

スタッフ紹介

院長 大久保

院長 Dr 大久保

私達は、常に向上心を持って「前進する」を目標に日々診療に向き合っております。専門職として歯科医療に従事するのならば、やはり常により上手く、より丁寧に、患者様にご満足いただける医療を提供したいですし、患者様にとって無くてはならない場所、生活の一部でありたいと考えております。

院長 Dr 大久保

常にアンテナを高く掲げ、新しい情報、技術、材料、器材を取り入れ、スタッフ間においても情報の共有を大切に、チーム力を高められるよう努めております。

また、接遇研修をはじめ、定期的な院内勉強会や個別セミナーなど、スタッフ各々が自身の人間性の向上を目指せる環境で研鑽を積み、日々「前進」しております。

院長 Dr 大久保我々が地域の皆様に歯科医療として貢献するということは、皆様がいつまでも自分の歯で「好きなもの」を「健康的」に「楽しく」「豊か」に召し上がれるサポートをするということです。

「食べる」ことは生活の質を大きく左右します。皆様の豊かな人生のために、長期的に安定する歯科治療、メインテナンスを心がけ、皆様のお口の健康維持に繋がるよう、我々は日々「前進」していきたいと考えております。

当医院の法人名「avanti(前進する)」の名に恥じぬよう、スタッフ全員で真摯に診療に携わっていきたいと思います。

略歴

歯科医師 中澤

歯科医師 Dr 中澤

診療を行う上で何を一番大切にすべきかということについてですが、私は患者様に寄り添った治療を行うことを心がけております。歯科医師は毎日歯を削ったり、型取りをしたりと、治療を行っているため、自分たちの中では当たり前になってしまっている事が多くあります。

しかし、それらは患者様にとっては全く当たり前ではなく、ひょっとしたら一生に一度か二度しか経験しないものかもしれません。治療方法も歯科医師からベストに思えるものでも色々な理由で患者様にとっては全く良いと思えないこともあると思います。

これらの理由から、私はなるべくわかりやすい言葉で説明を行い、治療方針も本人とよく相談の上、お互いが良いと思えるものを決めて進めていければと思っております。

略歴

歯科医師 中村

歯科医師 Dr 中村

はじめまして。私が目指している治療は「精度の高い治療」を行うことです。歯科医療のアンテナを高く張り、日々の経験と研鑽を経て、着実に前進しております。

また、歯科治療は「怖い」、「不安」という印象がございますが、患者様の立場になり、細やかな説明と対応することで、ご安心、ご納得いただき、次回も気持ちよくご来院いただけるよう努めております。ありきたりではございますが、自らの家族に対する治療と同様の想いで皆様を治療させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

略歴

歯科医師 市山

歯科医師 Dr 市山

2016年に昭和大学歯学部を卒業し、歯科医師として務めています。歯科医院が好きで喜んでいらっしゃる方はなかなかいないと思います。そんな中、少しでも患者様の不安な気持ちを減らすことや快適に過ごして頂くために、事前にお悩みやご希望を伺い、治療の方法や流れを十分に説明し、納得、安心して治療を受けてもらうことができるように日々心掛けています。

口腔内が同じ人は誰一人いません。お口の中を十分に検査、診断を行い、一人一人の患者様に合った治療の提供に努めています。そして歯医者は行きづらいなどマイナスなイメージを無くし身近な存在になっていければと思っています。

略歴

歯科医師 浅田

歯科医師 Dr 浅田

はじめまして。私は四国の香川県で生まれ、夫の仕事の都合で千葉県に移り住んできました。千葉県はとても気候が良くて住みやすく、地域の皆様の優しさを感じながら、日々過ごしています。

私は「生まれてから死ぬまで、毎日楽しく健康的な生活を」を目標としています。この背景には、祖父母の死と子供が生まれたことにあります。祖父母は死の直前、食事が摂れなくなると体力が一気に落ちました。口の中を良い状態に保ち、死ぬまで食べることを楽しむことは重要なのだと祖父母が身をもって教えてくれました。

そして現在、私は長男・長女・次男の3人の子育てに奮闘中です。子育てをする中で、歯磨き、離乳食、歯並びなどのお口に関わる問題に直面し、歯科医師として子供の健やかな成長をお手伝いしたいとおもうようになりました。赤ちゃんからご高齢の方まで、すべての年代の方のお口を中心とした健康に貢献できる歯科医師を目指しています。お困りのことがございましたら、何でもご相談ください。

略歴

歯科技工士 湯本

歯科技工士 Dt 湯本

セラミックの補綴物を専門に製作しています。私の作るものはいわゆる白い歯ばかりではありません。果たして「白くてきれいに並んだ歯」だけが美しいのでしょうか。それは数ある美しさの中の一つに過ぎないと私は思います。

人それぞれ体型も肌の色も違いますが、歯もそれぞれ形も色も違います。全てに生まれ持った美しさがあります。それを再現する事で補綴物と患者様とに調和が生まれるのです。何より歯科の目的は患者様の健康を取り戻すことです。そして補綴物には、取り戻した健康を長続きさせるという使命があります。

よく噛めて歯磨きしやすく、他の歯や歯肉を傷つけない。そして壊れにくい事。それらが達成できた時、結果として美しく見えるのであり、「白くてきれいに並んだ歯」を作る事だけを目的にしてしまうのは治療と呼べないと私は考えております。健康は日々を生きる喜びを生み出します。今後も一つでも多くの喜びを作れるよう研鑽を積んで参ります。

トップへ戻る