痛くない親知らずの抜歯

できるだけ痛くない親知らずの抜歯を心がけています

親知らず抜歯画像親知らずを抜くのって、とっても痛そうですよね・・・?

すべての親知らずを抜く必要はありませんが、痛みがでたりしてきた親知らずは早めに抜いておかないととっても痛くなってきます。

当院では、麻酔がしっかりきいてから出来る限り痛みの少ない親知らずの抜歯を心がけています。また、出来るだけスムーズに抜歯をします。術後の痛みに関しても痛み止めのお薬を処方し、患者さんに負担のないように心がけております。

親知らずを放っておくと・・・?

親不知親知らずは必ずしも抜く必要はない歯なのですが、実は、現代人の顎(アゴ)の大きさは年々狭くなってきていて、親知らずがきれいに生え揃うことは少なく、そのほとんどが曲がって生えてしまったり、歯ぐきから少しだけ頭を出している場合がほとんどです。

そして親知らずは歯並びの一番奥に生える歯ですから、歯磨きもしづらく、細菌感染によって親知らずの周りの歯ぐきが腫れ、虫歯になりやすくなります。また、噛み合わせの問題点もあり、親知らずは不揃いな生え方をするので、周りの歯の生え方も不揃いになりやすいと言われています。

ですから、前もって異常が確認できる場合には、できるけ早い段階で親知らずを抜いておくことが「痛くなく親知らずを抜歯できる」治療だといえます。