矯正歯科

矯正治療の前に虫歯治療など必要となった場合、当医院での治療をお受けいただくこともございます。かかりつけ医院が別にある方は無料相談時にお伝え下さい。

矯正にかかる治療期間

歯並びの悪い歯皆さん、これが1番気にされることと思いますが、矯正の治療期間は、その方の歯並び状況、年齢、治療法によってもかなり異なるので、一概に『これくらいかかります』とは言えません。

ですので、これはあくまで大まかな目安ですが、初期治療(第1段階)の場合は矯正器具を装着してから、月1回の調整来院で、1年半~2年位、本格治療(第2段階)の場合は1年半~2年位。

そのあと、キレイになった歯並びが戻らないように取り外し可能な保定装置(リテーナー)と呼ばれる歯に装着する器具を3か月に1度程度来院していただきながら2年くらい到着します。

ただし、これはあくまで目安ですので、これ以上時間がかかる人も、これより短期間で治療が完了する方もいらっしゃいます。

矯正の治療期間が長い理由

歯並びの矯正写真歯列矯正は、ゆっくり少しずつ骨の中の歯を動かしていくので、負荷を必要以上に与え、早く治療することができません。歯が動いてそれに骨が慣れるまでに1ヶ月くらいはかかるので月1回の来院にて治療を行うのです。

逆に焦って治療のスピードをアップさせてしまうと、歯や顎に負荷かがかかりすぎ、歯ぐき、骨、歯に深刻なダメージを与えることとなってしまい、さらには治療後の後戻りの要因ともなります。

よって、治療にはどうしても年単位の期間が必要となります。しかし、治療は大変だとしても、その後の数十年続く生活を、キレイな歯並び、素敵な笑顔で過ごせます。キレイで虫歯のない歯並びはあなたの一生の宝物となることでしょう。

子どもの矯正はいつから始めたらいいの?

小児矯正小児矯正は、初期治療(骨格矯正)と最終的なかみ合わせを作る本格治療(歯列矯正)の2段階の治療が一般的です。

初期治療というのは、5~12歳ごろまでの乳歯と永久歯の混じった時期が中心の矯正治療で、本格治療(大人の矯正)は、乳歯が抜けた終わった10歳ごろ~成人までの時期の治療のことを指します。

カウンセリングや検査の結果、すぐに治療を始められる方もいれば、症状や年齢などによっては少し時間をおかなければならない方もいます。また、早い時期に治療開始すれば簡単な治療で済む方もいれば、大人になってか らの治療だけでも問題のない方もいます。

よって、できれば、乳歯が生えそろう頃に一度ご相談することが望ましいといえます。また、3歳児健診などでかみ合わせの問題が発覚したお子さんの中 で、上の歯が下の歯の内側に入っている、受け口(反対咬合)と呼ばれる症状のお子様に限り早期初期治療として3歳頃から治療を開始することが好ましい場合もあります。

大人の矯正はいつまでできるの?

成人矯正大人の矯正は年齢がネックとなってなかなか矯正治療を受けることを決断しきれい方もたくさんいらっしゃいますが、たとえ60歳以上であっても口腔内の歯と骨が健康的な状態であれば治療可能なのです。

逆に20歳以下だとしても、それらの状態が非常に悪い場合には治療が困難な場合があります。

歯列の矯正は基本的には歯と骨があれば、年齢は関係なく治療を開始できます。とはいえ、早い段階で治療を始めたほうが歯が動きやすいなどの効果を得ることができます。