予防歯科・クリーニング

予防歯科の重要性

予防歯科「予防のために歯科医院に通う」=今、それが常識になりつつあることをご存知ですか?

これまでは症状が出てから治療を受けることが歯科医院での当然の流れになっていました。しかしながら最近では、治療以前に虫歯や歯周病を遠ざけること、すなわち”予防”こそが、将来も健康な歯を維持する近道であると考えられ、「予防歯科」が今注目されています。

歯周病にならないためにも定期健診は大切

クリーニング写真日本の成人の約80%が歯周病であるといわれています。歯周病は歯を失う原因の一つですが、糖尿病や心臓病のリスクをともなう大変怖い病気でもあるのです。

この歯周病の原因はプラークや歯石。原因がはっきりしているにもかかわらず、自分では除去しきれないプラークや歯石はあります。

そこで必要になってくるのが、歯科医院での3ヶ月に1度程度の定期的なクリーニングや歯石除去です。

「加齢とともに歯を失うのは当たり前」ということはありません。きちんとメインテナンスすれば自分の歯を末永く維持できます。例え歯に痛みがなくても、ヘアサロンに通うような感覚で定期的にメインテナンスを行いましょう。