~入れ歯の取り扱いについて~

投稿日:2017年4月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!スタッフMです。

4月10日と17日に佐倉市と富里市にある施設へ、

講習会と検診へ伺わせていただきました。

    

 

今回、施設での講習会で質問がありました入れ歯の取り扱いについてお話ししたいと思います。

 

一般的な入れ歯は、合成樹脂というプラスチックの素材で出来ています。

 

眼鏡や保存用タッパーなど乱暴に扱うと、

傷が出来てしまったり歪むことがありませんか?

 

入れ歯も同様、傷が付きますし歪むことがあります。

 

 

さて問題です

入れ歯の清掃をする際、歯磨き粉をつけてするのが良い  ×と●どちらでしょうか。

答えは、一番最後に!

 

歯磨きをするときは、ちゃんと入れ歯を外して磨いていますか?

外さないと歯肉と入れ歯の間を清掃することが出来ません。

食べかすが残ったままにすると細菌やカビが繁殖しやすくなり、口内炎などの原因になります。

また、部分入れ歯を使用されている場合は、金具のかかっている歯に歯ブラシが届かず

むし歯になることがあります。

 

最後に・・・

夜入れ歯は外して寝ていますか?

睡眠中には、唾液の分泌量が少なくなり乾燥した状態になります。

自浄作用をもつ唾液が減少することによって細菌が口の中に繁殖しやすいため、入れ歯な

どの異物があると細菌の溜まり場になってしまいます。

 

また、入れ歯の誤飲や歯肉を休ませるために外して寝るのが良いです。

 

楽しい食事を取るために、入れ歯は正しく使用・清掃を行いましょう。

合わない場合はムリに使用せず、歯医者で診てもらいましょう。

 

ユーカリが丘・デンタルクリニックの訪問歯科はこちらから

 

質問の答えですが、×です。

歯磨き粉に含まれる研磨剤が入れ歯に細かな傷をつけてしま

い、細菌が繁殖しやすくなります。

 

 

 

 

■ 最近の記事を読む■