歯茎に膿の袋ができていたら要注意

投稿日:2014年12月1日

カテゴリ:スタッフブログ

歯茎にオデキのような小さな膨らみが出来ていることはありませんか?
痛みや腫れが無いからと言ってそのままにしてしまっている患者様も少なくありませんが
これはいったい何なのでしょうか?

 

これは簡単に言うと
歯茎の中で発生した膿が増えて歯茎の表面を押し出すくらい大きくなっている状態です。

虫歯が深くなり神経が死んでしまったり、神経を抜く治療をした後、
神経があった空洞に細菌が侵入し感染します。
体は骨に毒素が感染しないように根の先に膿の袋を作り、膿が溜まり溢れてくると歯茎にオデキのような袋が出来て、いずれは破れて膿を出します。
オデキは出し終わると無くなり、また溜まるとでてきます。

もしくは、
乳歯や抜いたつもりの歯の根が残っていると、ほとんどは自然に吸収されるか歯茎の外へ出されますが、
稀に歯茎の中に残ったままになってしまい、そこに細菌が感染し膿が出てしまうことがあります。

 

いずれも痛みや腫れが無いことが多くそのままにしてしまいがちですが
これは一度根の中を消毒しなければ自然に治ることはありません。

体の一部から膿が出ているのは異常な状態です。
そのままにしておくと歯茎の中の膿が体の中に入り込んで大きな病気になることもあるので

これを読んで該当される部分がありましたら、
是非一度ユーカリが丘デンタルクリニックまで御来院下さい。