歯周病検診のすすめ

投稿日:2014年10月22日

カテゴリ:スタッフブログ

「歯周病予防の歯磨き粉」というCMをよく見ますが
歯周病とはどのような症状で、何が困るのでしょうか?
歯周病とは、
歯と歯茎のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が毒素を出し、歯肉を腫らしたり歯を歯茎からははがして歯周ポケットを広げます。
これが歯周病の初期症状で、
そこにさらに細菌が侵入し、さらに出る毒素は口臭の原因になり、歯を支える骨を溶かしてグラグラにさせてしまう病気をいいます。

歯周ポケットに歯垢(細菌)が残っている=歯磨きの良くない人に歯周病は起こりやすくなります。
歯周病は痛みが出ないことの方が多いのですが、これを放っておくといずれは歯が自然に抜け落ちるほど重症になることがあります。
現代で歯を失う大半の原因は歯周病もしくはむし歯によるものです。

日ごろから丁寧なブラッシングを心がけていないと
将来自分の歯で物を食べられなくなってしまうかもしれません。
未来の自分の歯を守る為にも歯周病を予防していきましょう。
丁寧なブラッシングを心がけても
これまでずっと同じ場所についていた歯垢が、石のように固い歯石になっており、もう歯ブラシで取り除くことができなくなっているかもしれません。

なので、
ぜひ病院で歯周病の検査、歯石取りを行ってから
正しいブラッシングで歯周病を予防していく事をお勧めいたします。

 

お困りの時はユーカリが丘デンタルクリニックまで。