歯周病の治療法

投稿日:2016年10月6日

カテゴリ:未分類

こんにちは、スタッフOです\(^o^)/

日本人の多くが、歯周病にかかっていると言われますが、

日ごろプラークコントロールを心がけることで、防ぐことが出来ます。

でもいざ、なってしまった時に、どのように対処すればいいのでしょうか?

進行した歯周病の治療法は大変です。

スケーリングはもちろん、詰め物やかぶせものを作り替えたり、抗生物質を飲んだり、

歯ぎしり防止のマウスピースを作ったり、かみ合わせを調整したり、

食生活を直したり、メンテナンス・・・

それでも手遅れになる場合もあります。

なってしまった場合も、早めに手を打ちましょう。

歯周病、特に歯周病初期に歯医者で行う基本的な治療法が『スケーリング&ルートプレーニング』です。

歯周病の原因である『歯垢(プラーク)/歯石』を除去し、

再び歯や歯の周りに付着するのを防いで歯周病の進行を抑え、

予防しようという治療法で、歯周病初期であればこの『スケーリング&

ルートプレーニング』を行うだけで症状が改善、または完治することも十分、可能なのです!

スケーリングとは取り除けていない歯垢(プラーク)、

歯磨きでは取り除く事が出来ない歯に付着した『歯石』を

スケーラー(超音波スケーラー・ハンドスケーラー)と呼ばれている

特殊な器具を使って除去する治療法です。

歯石自体は直接、歯周病の原因とはなりませんが、歯石は凸凹しており

歯垢(プラーク)が付着しやすいという特徴があるため

早めに除去しなければ歯周病菌が増殖してしまい、歯周病の症状が進行してしまうのです。
ルートプレーニングとは、歯肉(歯茎)や歯周ポケットに隠れたスケーリングだけでは

除去できない『歯石・歯垢(プラーク)』を特殊器具を使用して除去し、

再び『歯石・歯垢(プラーク)』が付着しづらいように歯の表面をツルツルにする治療法です。

上記のように『スケーリング&ルートプレーニング』を行う事によって歯肉(歯茎)の

炎症を抑えられ、歯周ポケットの深さが浅くなりますので歯周病の進行を抑え、

歯周病初期であれば完治する事も可能ですが、併せて正しい歯磨きの仕方

指導してもらったり、生活習慣、食生活の見直しも同時に行わなければ、

再発してしまうので注意しましょう!

■ 最近の記事を読む■