正月に関する歯の豆知識

投稿日:2015年1月11日

カテゴリ:未分類

あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い致します。

お正月はお餅など食べられた方も多いのではないでしょうか?

もともと餅は、神さまに捧げる神聖な食べ物で
火を通した餅は長く伸びることから、寿命も伸びるのでおめでたい。という事で祝い事の時に食べられるようになったのですが、
実は正月に食べる餅には歯に関わる願いも込められているのです。

正月に食べる餅は「歯固め」とも言われ
昔は正月3が日に餅鏡・大根・瓜・押し鮎・猪肉などを食べ
新年の初めに堅いものを食べて歯をじょうぶにして長寿を願うという意味が込められていました。

年齢という漢字の中に「歯」が入っているように、
歯を固めて長生きをするという願いからこの風習が出来たとも言われています。

『源氏物語』や『枕草子』にも宮中で歯固めをしたという記述があり
正岡子規の句の中にもこの行事のことが唄われています(歯固やいで海のもの山のもの)。
歯を大切にして年齢を重ねる。
そのお手伝いを是非ユーカリが丘デンタルクリニックにさせてください。