唾液のお話

投稿日:2014年7月22日

カテゴリ:未分類

こんにちは

海星会のスタッフです。

口腔予防セミナーをしてきました!

で書いた唾液のお話をさせていただこうと思います。

虫歯が出来る過程として、ご飯を食べるとお口の中の菌が

「糖」を分解していくとネバネバしたものが歯に付きます。

そして細菌が更に集まり付着し、プラークとなります。

プラーク内の菌が酸を作り、歯から大切な成分が溶けだしてしまいます。

その酸を唾液に含まれる成分により中和してくれます。

唾液は虫歯の予防の為にも大切なものです。

ただし、進行した虫歯を治してくれるものではありません。

虫歯が広がる前に、治療をおススメします。

治療の際はユーカリが丘デンタルクリニックまで!

お待ちしています!

 

■ 最近の記事を読む■