口内炎対策

投稿日:2015年1月25日

カテゴリ:未分類

口の中にできてしまった口内炎、どうされていますか?
そもそも口内炎とはどういうものなのでしょうか?

「口内炎」は直径数ミリの円形または楕円形の白い潰瘍で、周りは赤くなった部分で取り囲まれています。
触ると痛く、刺激のある食べ物は強くしみます。

その原因は、大きく
外傷によるものと、自然にできるものに分かれます。

口の中は暖かく湿った環境のため数千億の細菌細菌が住んでいるので。
口腔内に出来た傷から細菌が入ってきて潰瘍を形成します。
口腔内を清潔にできるだけ細菌が粘膜に感染させないようにしておくと口内炎ができにくくなります。

自然にできるものは疲れやストレスによる抵抗力の低下や、ビタミンB2の不足によってできると言われています、原因は様々です。
ビタミンB2はレバーなどに多く含まれています。必要であればサプリメントで補給することも可能です。

出来てしまった口内炎はケナログなどシールで炎症部分に触らないよう蓋をする事や

市販の療養法として、リステリンなどの洗口液(デンタルリンス、マウスウォッシュや口内洗浄剤)で念入りにうがいをする事も効果的です。
一般的な口内炎は体力を改善し、軟膏を塗っておけば治ります。
しかし、それだけでは治らない口内炎を放置してしまうと、悪化したり、癌化することもあります。
もし2週間経っても治らなければ一度歯医者で相談してみてはいかがでしょうか。